二重まぶたに憧れている女性必見!【最新美容整形術のご紹介】

目を閉じる女性

ぱっちり目元を作るには

女医

メイクの効果は一時的

目元は人と向かい合って話をするときに相手の視線が集中する場所であり、対外的な印象を大きく左右するパーツです。そのため巷には目元を美しく見せるためのさまざまなコスメグッズが溢れています。しかし中には、メイクではどうしても実現できない目の美しさもあります。それが二重まぶたです。一重に比べると二重まぶたはぱっちりとしてそれでいてやさしい印象を与えるので、憧れる人が少なくありません。そうしたニーズを受けて、最近では美容外科などのクリニックにおいても二重まぶたを実現するためのいろいろな整形メニューが提供されています。実は整形によらなくても二重まぶたを作る手段は存在します。それは、一般に「二重化粧品」と呼ばれる製品を使用することです。先ほどメイクでは二重まぶたは実現できないと言いましたが、この化粧品はメイクグッズというよりも一種の接着剤であり、まぶたを折りたたんで貼り付けることでヒダを作ります。非常に手軽に利用できますが効果は一時的で、また場合によってはまぶたがかぶれたり皮が伸びてしまったりといったトラブルが発生するケースがあります。永続的な効果を望むなら、やはり美容整形の方が確実です。

メスを使わない治療も有り

美容整形によって二重まぶたを作る方法は、メスを使う方法と使わない方法の2種類があります。前者の場合では、ヒダを作りたい場所にメスで切り込みを入れた後、再び縫い合わせます。切開した際に皮下脂肪を取り去ることで、腫れぼったさを併せて解消することもできます。ダウンタイムは1〜2週間程度で、施術後は半永久的に効果が持続します。一方、後者の場合はまぶたの皮を折りたたんでそのまま縫い合わせるという方法が取られます。使うのは針と糸だけなので、目元に刃物が入るのが怖いという人でも安心して治療を受けられます。糸の張りが失われると元に戻ってしまうため目を強くこすったりしないよう日常生活に注意する必要がありますが、大事をとっていれば効果は永続します。また、仕上がりが気に入らなかった場合やり直しがきくというメリットがあります。また、両者の中間的な性格を持つ治療法として、ごく浅い切れ込みだけを入れてから折りたたんで縫い合わせるというやり方もあります。ただ縫うだけよりも元に戻りにくく、ダウンタイムも短くて済むという特徴があります。